タイトルclickでトップページに。このリボンはGr.NEXUSの「皆んなそばに居るよ」のシンボルです。(Latest UP Date 2017/06/17)


by oitya-n
一般病棟に移ると注目はリンパ腫からGVHDへ。
主治医も担当医も看護師も近寄ったり遠くから全身を見たりと、
目に見える変化を確認してます。
薬の影響か、何喰ってもゴマ風味抜きのゴマの味がしてました。

同胞間の移植は急性期のGVHDも軽いらしく
口内炎と湿疹だけでコントロールして頂き、CV(中心静脈カテーテル)も抜きました。
「外泊や外出で少しずつ身体を慣らして行って、それから退院しようか」と、
秋晴れ紅葉色付く中の「退院!」が見えてきました。


その話で緊張が弛みきったのか、外泊から戻った朝強烈に胃が痛い。
元々胃潰瘍を持ってたことがあるんだけど、なんとなく胃潰瘍っぽい。
黙ってたら退院できそうだけど黙ってると信義に違背します。
主治医に報告。
翌日胃カメラ。
結果サイトメガロによる胃潰瘍と判明・・・・退院失敗。
ステロイドを減らし、
ネオーラルからプログラフへ、免疫抑制剤の強化。
ガスターからタケプロンへ、胃潰瘍対応の強化。

サイトメガロは生まれながらに持っているとされるヘルペスウィルスの一種。
ステロイド連用の副作用で現れる事があるらしい。
折角CVが取れたのに今度は腕からデノシン点滴。
5日が1クールでまず2クール。
経過を観察してるとまた現れて追加2クール。(この間毎週火曜日は胃カメラの日)
結局退院が2ヶ月くらい伸びてステロイドも完全離脱して松が取れる頃(2007/1)退院しました。

長い入院生活中、主治医をはじめ看護師さん多くのスタッフの方々、大変お世話になりました。
またこのブログを通したいへん多くの方に暖かく励まして頂き、沢山のアドバイスも戴きました。
あらためてお礼申し上げます。
[PR]
# by oitya-n | 2010-12-01 14:00